DHAサプリの摂取で副作用が出てしまう危険性はありますか?

DHAは不飽和脂肪酸の一種で、魚の油分に含まれている成分になります。

生活習慣病予防効果が高く、健康維持のために積極的に摂取がすすめられている成分の一つです。

日常的に魚を摂取する機会が多い日本人は不足しにくい栄養であるとされてきましたが、食の欧米化によって昔よりも摂取量が減ってきつつあります。

それを補うためにDHAサプリを利用するかたも多くなりましたが、気になるのが副作用の問題です。

 

薬を飲んでいる場合には要注意

DHAサプリを摂取することにより、血液をサラサラにして血圧を下げる効果を期待することができます。

健康維持に役立ちますが、しかし、病気の治療のために血液を凝固する作用のある薬、血圧低下効果のある薬を服用している場合には飲みかたに注意が必要です。

DHAサプリの服用を禁じられているわけではありませんが薬を処方してもらっている医師に相談した上で、サプリの量を調整するか、もしくは摂取自体を取りやめるかして、治療に悪影響を出さないように気をつけなければなりません。

 

過剰摂取をしてはいけない

サプリを過剰摂取をした場合には、健康を害する症状が出てしまうことがあります。

・吐き気
・血が止まらない
・過剰な血圧低下

こうした副作用が発生する可能性がありますから、くれぐれも注意書きにある用量を守って摂り続けるようにしてください。

健康維持のためにサプリを摂取する場合、少しでも効果を高めようと必要以上にたくさん摂り入れようと考えるかたもいます。

しかし、大量にサプリを飲んでも効率よく身体に作用させられるわけではありませんし、それどころか、一つの栄養を過剰に摂取することで健康を害するリスクのほうが高まってしまいます。

サプリの効果はすぐに表れるわけではなく、徐々に身体に変化が出てくるものですから、適量を毎日摂取し続けていくことが大切です。

サプリは薬ではありません。

あくまでも食品扱いですから基本的に副作用の心配はありません。

薬の服用の有無とそれによる影響を考慮し、摂取量をきちんと守っていれば安心して摂取することができます。