DHAサプリは妊娠中でも摂取して大丈夫?

 

認知症予防や健康にも良い効果が期待できるDHAサプリは、若い人から年配まで幅広い年齢層の人に人気のサプリです。

 

しかし、何かと敏感な妊娠中は、どんな悪影響が出るかわからないサプリメントを摂取するのは躊躇してしまいますよね。

 

DHAサプリは、妊娠中にも摂取できるのでしょうか?

〇DHAサプリは妊娠中でも飲める!

 

DHAサプリは、妊娠中でも安心して飲む事が出来ます。

 

むしろ、妊娠中にこそ、積極的に摂取して欲しいサプリなんです。

・DHAは赤ちゃんの成長に良い!

 

DHAは、赤ちゃんの脳の発達に影響がある栄養素です。

 

DHAを摂取すると学習能力や記録能力が向上し、脳の働きを助けてくれます。
また、赤ちゃんは何かと敏感です。

 

DHAはアレルギー予防に効果があり、アレルギーに強い赤ちゃんに育ってくれます。

 

その他にも、DHAは視力の改善・向上効果が期待できます。

 

赤ちゃんをお腹の中から発育したい、健康で健やかに育ってほしいなら、必須の栄養素がDHAなんです。

・DHAは摂取しにくい栄養素!

 

妊婦さんに絶対摂取して欲しいDHAですが、実は摂取しにくい栄養素なんです。

 

DHAが主に含まれているのは青魚です。

 

青魚は煮たり焼いたりなどの様々な料理方法がありますが、実は加熱してしまうと青魚からDHAが減少してしまうんです。

 

つまり、DHAを十分に摂取したいなら、青魚を生で食べる必要があります。

 

しかし、妊娠中に生ものを食べるのは、食中毒や食あたりを考えてなるべく避けたい事です。

 

また、魚には水銀が含まれている可能性があります。

 

この水銀は赤ちゃんの発育に悪影響があると言われ、妊婦さんは絶対に摂取したくないものです。

 

DHA目的で生魚を食べて水銀まで一緒に摂取してしまったら、意味がありません。

・気軽にDHAが摂取できるのがDHAサプリ

 

赤ちゃんの発育に良いのに、妊婦さんがDHAを摂取するのはとても大変。

 

そんなDHAがリスクなく、手軽に摂取できるのがDHAサプリなんです。

 

妊娠中は無理に青魚を食べてDHAを摂取するんじゃなくDHAサプリを飲んで摂取するのがおすすめです。

 

DHAサプリは、妊娠中の人にこそ摂取して欲しいサプリです。

 

赤ちゃんの発育にも良い影響を与えてくれるので、妊娠中のママはぜひDHAサプリを摂取して、お腹にいる時から赤ちゃんを健康に育てましょう。

 

有名メーカーのサントリーのDHAサプリなら安心ですか?

 

DHA サプリを検討していると様々なメーカーが参入しているので、どのメーカーの商品を選んだら良いのかとても迷ってしまうものです。

飲料メーカーとして有名メーカーであるサントリーからも、DHA サプリが販売されていますが、評判も高いようなので安心して選べます。

安心できる根拠をご紹介します。

 

安心・安全への取り組みが記載

サントリーでは、DHA サプリのホームページで安心・安全への取り組みを詳しく記載しています。

同じ DHA サプリでも、消費者がやや疑問に思う感じを持つホームページもある中でサントリーはわかりやすく記載されているのでそれだけ信頼性が高く評価されています。

こうした取り組みを公開している内容であれば、消費者にとっても疑問を払拭できるようになるでしょう。

 

レスポンスが迅速

サントリーでは、消費者の問い合わせに対してできるだけ早い対応を行っています。

消費者が、今すぐにでも購入をしたいとき素早いレスポンスが帰ってくるようになれば、メーカーに対する信頼性も高くなります。

しかも、消費者がわかりやすい内容になっているので、事務的な返信ではなく配慮が伺えるのは魅力でもあります。

 

セサミンを配合して酸化防止

DHA は、酸化してしまうという性質を持っています。

そのため、体内に入っても、酸化してしまうことにより、本来持っている成分がしっかりと働かないままになることもあります。

酸化して本来の成分が損なわれないために、サントリーではゴマから抽出されたセサミンを配合しています。

セサミンは、ゴマ全体からわずか1%しか取れない貴重な成分ですが、「サントリー DHA&EPA+セサミンEX」でしっかりと配合されているので、効果的に作用することが期待できます。

 

これから、サントリーの DHA サプリを検討していらっしゃる方は、このように有名メーカーならではの信頼性があることが理解できると購入の決め手となるのではないでしょうか?

DHA サプリはそれほど沢山あるのですが、安心して安全に摂取できるものを見つけるには、サントリーの商品を選べばまず問題ありません。

検討してみてはいかがでしょうか。

 

DHAサプリの摂取で副作用が出てしまう危険性はありますか?

DHAは不飽和脂肪酸の一種で、魚の油分に含まれている成分になります。

生活習慣病予防効果が高く、健康維持のために積極的に摂取がすすめられている成分の一つです。

日常的に魚を摂取する機会が多い日本人は不足しにくい栄養であるとされてきましたが、食の欧米化によって昔よりも摂取量が減ってきつつあります。

それを補うためにDHAサプリを利用するかたも多くなりましたが、気になるのが副作用の問題です。

 

薬を飲んでいる場合には要注意

DHAサプリを摂取することにより、血液をサラサラにして血圧を下げる効果を期待することができます。

健康維持に役立ちますが、しかし、病気の治療のために血液を凝固する作用のある薬、血圧低下効果のある薬を服用している場合には飲みかたに注意が必要です。

DHAサプリの服用を禁じられているわけではありませんが薬を処方してもらっている医師に相談した上で、サプリの量を調整するか、もしくは摂取自体を取りやめるかして、治療に悪影響を出さないように気をつけなければなりません。

 

過剰摂取をしてはいけない

サプリを過剰摂取をした場合には、健康を害する症状が出てしまうことがあります。

・吐き気
・血が止まらない
・過剰な血圧低下

こうした副作用が発生する可能性がありますから、くれぐれも注意書きにある用量を守って摂り続けるようにしてください。

健康維持のためにサプリを摂取する場合、少しでも効果を高めようと必要以上にたくさん摂り入れようと考えるかたもいます。

しかし、大量にサプリを飲んでも効率よく身体に作用させられるわけではありませんし、それどころか、一つの栄養を過剰に摂取することで健康を害するリスクのほうが高まってしまいます。

サプリの効果はすぐに表れるわけではなく、徐々に身体に変化が出てくるものですから、適量を毎日摂取し続けていくことが大切です。

サプリは薬ではありません。

あくまでも食品扱いですから基本的に副作用の心配はありません。

薬の服用の有無とそれによる影響を考慮し、摂取量をきちんと守っていれば安心して摂取することができます。

 

DHAサプリの正しい選び方ってどうすればいいの?

 

現在DHAは多数のサプリメントが存在していますがその中でどの基準で選べばいいのだろうかと迷ってしまう事がありますよね。

そこで選ぶ基準としてはまずDHAの配合量であり厚生労働省が推奨する量は一日におよそ1000mgでありますのでこれより同じくらいか多い物を選択しましょう。

次に酸化防止されている物を選ぶ事ですが、DHAはとても酸化しやすい成分であり青魚の刺身状態が一番多く含有されており焼いたり煮たりすると酸化して劣化していきます。

それはサプリメントでも同様でありカプセルが空気に触れにくい様に梱包されているか、あるいは酸化防止剤が添加されているかなどをチェックする必要があります。

そして安全品質面が確保されている物を選ぶ事でDHAの元になる青魚のマグロやカツオになりますがそれらを加工し生産する工場がGMP認定工場等の何かしらの認定を受けている所であればおススメ出来ると言えるでしょう。

費用対効果で考えるとアメリカで販売されているDHAサプリメントは優秀でありその理由として日本よりも健康意識が高く食事で補えない栄養素をサプリメントで取る事が常識的になっていますので輸入や代理店経由で購入したりするのも一つの選択肢になりますが、その中で気を付けたい点があります。

それは、錠剤が外国人のサイズに合わせているので大きく飲みづらいので女性や高齢者である場合はのどに引っかかってしまう恐れがありますので気を付けなければならないでしょう。

以上の点を踏まえた上で購入する場合であってもそれぞれ長所や短所がありますので一概にこれが良いとは言えませんが、2016年4月から機能性表示食品と呼ばれる消費者庁に届け出る事で販売業者が機能表示出来る制度が出来たのでこの表示があるDHAサプリメントで選ぶ基準になると言えるでしょう。

 

今まで基準があいまいでありましたが、ある程度の指針となりますので多少なりとも正しい選び方が出来る事になるでしょう。